リバティのライフスタイルコレクションでローウエストワンピース

大好きな手芸店、代官山のプルチーナのソーイングレッスンに参加してきました。
今回は、リバティのタナローンではなく、
ライフスタイルコレクションというシーチングの生地で
ローウエストワンピースを作りました。

このシーチング、初めて縫いましたが、タナローンのような薄さがないので、
とっても縫いやすかったです。
f0311138_1644538.jpg

タナローンの3分の2のお値段なのも嬉しいところ!

普段、自己流でソーイングしているので、
時々こうして人に教わるのは本当に新鮮!

自己流という名の”いいかげん”なので、完璧に程遠いんです。
でも基本を学ぶといかにそれが出来上がりに響くかが分かりますねー。

今回学んだこと!

基本的な待ち針の打ち方、
縫い線をきちんと書くことの大切さ、
ギャザー部分の裏は見頃側(上)に倒す、
返し縫いは省略できる部分は省略する、
見返しのカーブ部分の切り込みの細かさ、

などなど。

一つ一つにきちんと理由があって、そこらへん本を見ただけだと理解できないので、
こうして人に教わるとすごくステップアップした気になります。

で、できあがり〜。
f0311138_1645535.jpg

生地はお店にあるモノの写真を送ってもらって選んだのだけど、
実物を最初に見た時には、失敗かも!と思いました。

が、が、こうして出来上がってみると、印象もまた随分変わるもので、
リバティだけど花柄ではない分、ラブリーになりすぎなくていいかも!!
f0311138_1645166.jpg

ローウエストで、左右下がったデザイン。
この下がってるってのがまたいい!
まっすぐだと結構デブに見えるんですよー。

そして脇線ギリギリまでギャザーを寄せず、数センチ手前でやめる。

あー、こういうちょっとしたデザインというかパターンをひく力、
羨まし過ぎます。
このライン、本当に気に入りました!

一応、着画なんぞも…。
f0311138_16452725.jpg

プルチーナではこのデザインはワンサイズみたいですが、
身長167センチの私が着て膝下数センチ。

裾はあと5センチくらい短い方がバランスいいかも。

袖は8分くらいかな。
夏に向けて半袖にしてしまうか、悩みどころです。

ソーイングレッスン、ちょっとお値段ははりますが、
何よりオーナーや一緒に参加した方とわいわいお喋りしながらできるのが楽しかったです。

周りにあまり手芸好きがいないので、
布が大好きな人ならではのトークがこの上なく幸せ〜。

ソーイングレッスン、詳しくはプルチーナのブログにて。

そしてまたもや布のお買い物…。
f0311138_177230.jpg

か、か、かわいー!
2014春夏柄で、先染めのマドラスチェックにカペルやバラ柄が組み合わさってます。

カペルはフウとラクにお揃いで何か作ろうと思ってます。

バラ柄はフウのワンピースにしようかと。
見頃は無地のニットでスカート部分をこの生地にしたらかわいっかな。

布買いは控えていたはずなのに…。
とりあえず自分に課したこと。

布を買ったらすぐに水通しする!!
この一手間をやっとくだけで、もしかしたらカタチになる率が上がるんじゃないかと
淡い期待を自分自身に寄せておきまーす!
[PR]
by cigarfly | 2014-05-02 17:12 | ハンドメイド | Comments(0)


<< 2014 GW ギャザースモック >>